デジタルサイネージのコンテンツとは?種類や作り方を徹底解説!

この記事をシェアする
Facebook
Twitter
Email

デジタルサイネージとは、サイネージの画面に表示させる静止画や動画などのことを指します。この記事では、デジタルサイネージのコンテンツの種類や作り方について解説します。

デジタルサイネージの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

当記事の目次

デジタルサイネージのコンテンツとは?

デジタルサイネージのコンテンツとは、サイネージの画面に表示させる静止画や動画などの総称です。

コンテンツの内容はさまざまですが、デジタルサイネージを利用する目的や設置場所、どのような層をターゲットにしているかなどを意識したうえで、制作することが重要です。

デジタルサイネージのコンテンツの種類

デジタルサイネージのコンテンツの種類は主に以下のとおりです。

・静止画
・動画
・音声
・Web

それぞれのコンテンツについて詳しく説明します。

静止画

静止画のコンテンツとは、ポスターのような1枚の画像をデジタルサイネージに映し出すようなコンテンツのことを指します。ポスターよりも目立たせることができるのがメリットで動画に比べると落ち着いた印象を演出することができ、静かな場所や豪華さがある高級な場所での利用がおすすめです。

また、スライドショー形式で表示することによって、静止画でありながら疑似的な動画のようにストーリーを演出することも可能です。

動画と比べると費用を抑えつつ制作が可能なので、低コストからスタートさせたい方にもおすすめです。

動画

動画のコンテンツは、デジタルサイネージのコンテンツの中でも特に訴求力が高いことが大きな特徴です。静止画よりも目立たせたい部分を的確に演出できるうえに、多くの情報を伝えることができます。

ただし、情報量が多くなる分だけ制作段階で複雑な作業が必要になって工数が増え、静止画と比べ多くのコストがかかるといった点は念頭に置いておく必要があるでしょう。

競合店が多い店舗や、病院のように長時間の滞在が生じる施設など、かけたコストに見合うだけの効果を得られることが期待できる場所での利用が向いています。

音声

静止画や動画といったコンテンツはユーザーの目に留まってはじめて注意を惹くものですが、我々の生活はさまざまな情報やコンテンツで溢れかえっているため、デジタルサイネージのコンテンツがユーザーの目に留まらないことも考えられます。

そのような場合に効果的なのが音声で、効果音やBGMを利用することでより多くの人に情報を届けることが可能になるでしょう。動画や静止画だけの場合よりも多くのユーザーの注意を惹き、行動を促すきっかけになることが期待できます。

ただし、音声付きのコンテンツを作成する場合は音声ファイルが必要になりますし、使用する音声に関しては著作権にも注意しておかなければなりません。

Web

既存のWebページをそのままデジタルサイネージのコンテンツとして表示する、という方法も考えられます。

この場合、コンテンツとして利用するWebページをしっかり作りこんでおけば、デジタルサイネージのコンテンツのクオリティも自然とアップすることになります。タッチパネル式のサイネージであれば、双方向コンテンツとしての活用も期待できるでしょう。

デジタルサイネージのコンテンツの使用目的

デジタルサイネージのコンテンツの使用目的としては、主に以下のようなことが挙げられます。

・広告・販促
・情報提供
・空間演出

それぞれの使用目的に関して、詳しく説明します。

広告・販促

店頭で新商品やおすすめ商品などを告知するのにデジタルサイネージは非常に便利ですし、街中の大きな画面で広告を行えばその効果はより大きなものになります。
また、キャンペーンやタイムセールなどといった販促に用いることも可能です。

情報を鮮やかな画面で伝えることができるので、ユーザーに好意的に受け取ってもらいやすくなりますし、視覚情報として多くの情報を伝達することが可能です。
画面の切り替えをいくつも用意しておけば、ひとつのデジタルサイネージで複数の広告・販促活動を行うことができます。

情報提供

観光地での観光案内、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアでの道路情報などのように、それぞれの場所で必要な情報を提供するのにもデジタルサイネージは役立ちます。デジタルサイネージは紙の掲示物とは異なり、情報を常に更新することができるというのが大きなメリットです。

そのため、観光地であれば混雑箇所をリアルタイムで伝えることができますし、高速であれば何km程度の渋滞があるかがすぐに更新されます。

そういった特性を活かして、災害時の情報伝達手段としても活用されています。

空間演出

デジタルサイネージは空間演出に用いられることもあります。

具体的な例としては、プロジェクションマッピングを用いて視覚的な楽しさや面白さを演出することで、ユーザーの満足度や期待感を高めることなどが挙げられます。また、中にはユーザーの動きに合わせて投影されている映像が変化するような、デジタルサイネージのコンテンツもあります。
そういったコンテンツは、ユーザーに非日常感を経験してもらうのに一役買ってくれるでしょう。

双方向コミュニケーションを可能にするようなコンテンツと組み合わせることで、デジタルサイネージを用いた空間演出は、非常に幅広いものになります。

デジタルサイネージのコンテンツの作り方

デジタルサイネージのコンテンツの作り方としては、自分たちで作る場合と外注先に依頼して作ってもらう場合に大きく分けられます。それぞれの作り方について以下で詳しく説明します。

自分たちで作る

自分たちで作る場合は、以下のようなツール・サービスを利用するのが一般的です。

・PowerPoint
・専用の動画制作ツール
・クラウドサービス

それぞれについて、説明します。

PowerPoint

多くの人が利用したことがあるであろうPowerPointは、デジタルサイネージのコンテンツ作りに向いているツールです。静止画のコンテンツを作ることはもちろん、スライドショーやアニメーションといった動きのあるコンテンツを作ることもできます。多くの人にとって使い慣れているソフトだけあって、誰でもコンテンツ制作に携わることができるのは大きなメリットです。

ただ、専用の動画制作ツールなどを用いる場合と比べると、クオリティの高いコンテンツを作成することは難しいでしょう。

専用の動画制作ツール

デジタルサイネージのコンテンツを制作するための、専用の動画制作ツールも存在します。そういったツールを利用することで、PowerPointでは作成が難しいような高度なコンテンツの作成も可能です。

専門のツールは導入に多額のコストがかかったり、制作技術の習得に時間がかかったりすることもあるということは、念頭に置いておく必要があります。

クラウドサービス

デジタルサイネージのコンテンツ制作を、クラウド上で行えるサービスもあります。多数のテンプレートから適したものを選び、画像やテキストを登録するだけで簡単にコンテンツが完成するようなサービスです。また、デジタルサイネージサービスにもコンテンツ制作機能が含まれています。

専用のキャンバスに静止画や動画・テキストなどを貼り付けて動きを付けることで、簡単にコンテンツの作成が可能です。Webブラウザ上でコンテンツ作成から配信設定まで可能なものも多いので、非常に便利です。

業者に依頼する

デジタルサイネージのコンテンツは、その目的に応じてユーザーにどのような形で伝えるかを踏まえたうえで作成されなければなりません。せっかく作成しても、クオリティが低く意図するような形でユーザーに伝わらなかったり、ユーザの行動喚起を促したりできなければ、本当にその役割を果たしているとは言えないでしょう。

そのため「餅は餅屋」ということで、自分たちで作成するのではなく、業者に依頼することも検討してみましょう。

自分たちでは「伝える」と「惹きつける」のバランスをうまく取れなくとも、プロに依頼することで納得のいくクオリティのものが仕上がる可能性は高くなります。

→ 助太刀丸では動画編集オプション(わずか15,000円)も公開中です。

デジタルサイネージのコンテンツの作成費

デジタルサイネージのコンテンツを業者に依頼して作成してもらう場合、その分の費用が発生します。デジタルサイネージのコンテンツの作成費について、以下で詳しく説明します。

静止画・動画で費用は異なる

デジタルサイネージのコンテンツの作成費は、依頼する業者によって異なりますし、静止画と動画でも異なります。一般的な相場は静止画であれば2〜3万円程度、2~3分ほどの動画であれば10万円~程度です。

上述したのはあくまでも相場であって、依頼の内容によっては金額により大きな幅が生じることもあるので、事前にしっかりと確認することを心がけましょう。

Youtube広告やSNS広告との比較

デジタルサイネージを広告目的で利用する場合、Youtube広告やSNS広告と比較したうえで判断する必要があります。いずれの場合でも、コンテンツ制作費は長さや内容により幅があるため、同じ内容のものをそれぞれで作成した場合、費用にどの程度の差があるかは重要な比較検討ポイントのひとつです。

また、SNS広告の場合は視聴回数、広告の表示回数、クリック数などにより課金がされます。そのため、広告活動がうまくいったかどうかで最終的に支払う金額が大幅に変わることもあり得ます。

広告にどの程度まで予算を許容できるかも踏まえて、検討しましょう。

【まとめ】コンテンツはコスパのよいサービスを選んで外注する

デジタルサイネージのコンテンツとして用いられるのは、静止画・動画・音声などさまざまで、PowerPointなどを利用すればコンテンツを自作することも可能です。ただ、コンテンツのクオリティを考えると、作成はプロに依頼するほうが賢明なケースも多いです。

月極デザイン助太刀丸であれば低額&定額で業界最安での依頼が可能ですが、すべての案件でデザイナーや動画クリエイターが対応するためクオリティの心配はありません。個人店から上場企業まで多規模・多業態で導入実績があるという点も、安心して依頼できるポイントと言えるでしょう。

静止画のみで対応するなら月額13,200円、動画も加えたいなら月額28,200円で網羅できます。

デジタルサイネージのコンテンツ作成を外注したいのであれば、ぜひ月極デザイン助太刀丸をご検討ください。